« 桜はまだ五分咲き | トップページ | 「春キルト 花キルト」展 »

桜はまだ蕾 ~青が、荒ぶる。

 「吉野山は季節外れの雪が散らついていましたよ。」

宿の女将の言葉。 残念なことに桜の木々はまだ蕾。。。

窓から見える枝垂れ桜の蕾が薄らと色付いている程でした。

翌朝、空は晴れ渡り空気が澄んで気持ちの良い天気となりました。

吉野山の桜は山麓から下・中・上・奥千本と続いています。

Yosimizujinjya_800x611_2宿のある中千本から奥千本口まで

バスで行きました。

奥千本にひっそりと鎮まる金峯神社、

さらに奥の西行庵(主人だけ)

下へ下へと歩いて・・・吉水神社(→)

檜皮葺の書院は葺き替えたばかりで

厳かな雰囲気でした。

Nakasenbon_800x611上千本の花矢倉から下千本までの

眺めを楽しみ 中千本へ。(←)

~桜が咲いていたらと目を閉じて~  

そこから吉野山ロープウェイ口まで

両側には多くのお店が並び、

たくさんの人出で賑わっていました。

 

Kinpusanji_632x800_3現在CMオンエア中、

JR東海「うましうるわし奈良」で知られるように

金峯山寺・秘仏・金剛蔵王大権現 御開帳の

期間中でした。

(実は私共、吉野に来てから知ったのです)

「青が、荒ぶる」という文句通りに御本尊の

三体は御体が青く厳しいお顔つきを

されています。  (仮のお姿)

桜の開花時期には早過ぎましたが、思いがけず拝観出来て、

大自然の中でみなぎる力をいただいたように思います。

Tutenkaku_589x800  

近鉄吉野駅に着いたのは午後2時頃。 

時間が少しあったので 

大阪通天閣を一目見上げて、

伊丹空港から飛行機で羽田空港

そして自宅へ。 良く歩き疲れました。

吉野の桜はまたの機会に

持越しですね。

桜の見頃の予想は難しい。。。

 

奈良大和路の旅から1週間が過ぎあの感動が再び蘇ってきます。

満開の桜は花散らしの冷たい雨に濡れています。

|

« 桜はまだ五分咲き | トップページ | 「春キルト 花キルト」展 »

おでかけ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。