« 新年のご挨拶 | トップページ | 鏡開き »

寒の入り

 今日は小寒。 これから寒さが一段と厳しくなります。

どうぞ風邪などひきませんように・・・ 温かくしてくださいね。

Sakata_2012_winter_450x800_3昨日はとても寒い思いをしました。

大晦日夕方、義母の入所している老人ホームから

骨折したという電話があり、一昨日手術の為 娘と

酒田へ行きました。(主人は元旦~2日に酒田へ) 

義母は意識もしっかりしていて術後の経過も良好で

もうリハビリが始まるそうです。

義父の顔を見て 駅に向かうも 風雪が激しくて

電車が動かず・・・                                 

朝方はそれほど酷くなかった雪が時間を追う毎に激しくなり

地吹雪となりました。辺り一面真っ白で視界が悪く驚きの景色でした。                  (朝、病院へ向かう時の様子)

数年前雪の日に起きた列車横転事故でより安全の運航となっている

ようです。 予定より大幅に遅れて臨時電車が出ることになりました。

折り返しの電車を待つホームの寒かったこと~~~~(泣)

とても寒い思いはしたけれど義父母の嬉しそうな顔を見れてほんと

よかったです^^  健康が何よりですね。 1年皆元気に過ごせたら・・・

今日は仕事始め 。 思いがけない 慌ただしい年明けとなりました。 

|

« 新年のご挨拶 | トップページ | 鏡開き »

歳時記」カテゴリの記事

コメント

新年明けましておめでとうございます
今年も宜しくお願いいたします
お正月早々大変でしたね
義母無事に手術終わってよかったです
年取ってからの骨折は大変ですよね
雪のひどい時のお出かけはいやですね
お互いにお年寄りを抱えていると大変ですが今年1年頑張りましょう

投稿: ちびちゃん | 2012年1月 7日 (土) 15:59

まあ・・・・それは大変でしたね 経過良好でありますように。
私も札幌で叔母が一人暮らしなので この季節はとにかく雪道のお買いものが心配で 手伝いに行けなくてもどかしいばかりです。
お嬢さんも同伴で 余計にお義父さまもお義母さまも喜ばれたでしょうね

私の方は姑が もうほとんど 妄想と幻覚の中で生活しているようで 会いに行くのもままならず 義姉の話を切なく聞いているばかりなので お見舞いでも行けるkomomoさんが羨ましいです。

みんなが元気でいられると良いですね。。。

投稿: NORI | 2012年1月 7日 (土) 18:17

車も雪道は怖いですが、電車もちゃんと走ってくれるか心配ですよね。
無事にお帰りになられて良かったです。
お義母さまもお元気になってこられて、行った甲斐もありますよね。

お仕事も始められて・・・一年の幕開けですね~。
新春そうそう~夫はお通夜です。45歳なの~(;;)

投稿: misako | 2012年1月 8日 (日) 18:08

大変でしたがお顔を見て少し安心されたでしょうか。
今年は特に山形は雪が多いみたいで…
往復されるのもどうぞお気をつけくださいね。

ウチは舅・姑ともに高齢ですが元気なようでありがたいことです。
私は随分会いに行くこともしないまま、不義理な嫁ですが、
年末、長男君がふらりと帰省途中立ち寄り、
とても喜んだようです。
顔を見せることが一番の親孝行ですね。

投稿: きのぴと | 2012年1月 9日 (月) 10:29

ちびちゃんへ
新年おめでとうございます。
思いがけず慌ただしいお正月になりました。
高齢者を抱えると何があってもいい状況なので
ちびちゃんも心配ですよね。
手仕事の時間で自分らしさを取り戻しそうです。
今年もちびちゃんにやる気をたくさんもらいますね。
どうぞ宜しくお願いします。

投稿: komomo | 2012年1月 9日 (月) 15:44

 NORIさんへ
優しいお心遣いに感謝します。
叔母様も御心配ですね。 
東京で独り暮らし叔母もヘルパーさんやディサービスなど利用しています。
そうですか。姑さんはもう現実か夢か分からなくなっているのですね。
それは悲しいですね。
義父母は呆けていますが、まだ意識がはっきりしているので
見舞にいっても張り合いがあります。

今年のお正月は娘と一緒にいる時間が多かったようです。
幼いころ色々と面倒をみてくれたおじいちゃん、おばあちゃんに
顔を見せられてよかったです。
私も心強かったです。
健康第一で今年も頑張りましょうね。

投稿: komomo | 2012年1月 9日 (月) 16:05

 misakoちゃんへ
雪の日の交通機関は天候に左右される事が多いようです。
みどりの窓口は長蛇の列です。

義父母の笑顔は長旅の疲れも飛んでしまいます。
今年も季節毎に行くことになるでしょう・・・

随分とお若い方のお葬式だったんですね。
切なくなりますね。。。。。

前向きにまた明日から頑張りましょう!!

投稿: komomo | 2012年1月 9日 (月) 16:18

 きのびとさんへ
高齢の為手術もリスクが高いので無事終わり安堵しています。
雪の季節、また足を運ぶ機会があるかもしれませんね。

仙台の街も年末は雪が残っていたようですね。
きのびとさんもどうぞ気をつけてくださいね。

年末、息子さんの訪問に喜ばれたでしょうね。
私共も老いていく義父母の姿を見てから酒田へ行く機会が増えました。
遠くに暮らすからこそ色々と考えましたよ。
お互い元気でいるのが一番ですね。 笑いも出ますものね^^

投稿: komomo | 2012年1月 9日 (月) 16:36

お義母様骨折され手術されたのですね!
高齢者はひょんなことから怪我をしてしまいますから、
本当に目が離せません。(私の母はおむつ交換で骨折してしまいました)
酒田行きは大変でしょう?
山形に住む姉は庄内→東京→札幌と雪害を重視して帰省して来ます。
くれぐれもお体には十分気をつけて下さいね。

投稿: snowy | 2012年1月10日 (火) 23:51

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願致します。
お正月早々、大変でしたね。お義母様のその後はいかがでしょうか?
いい経過になることを祈っております。
同じ県内とはいえ、気候が酒田と山形はまったくちがいますものね。
酒田の様な地吹雪はこちらはないです。
あの列車転倒事故はまた記憶に新しいです…そんな横風が吹くのかと驚いたものです。(犠牲者のご冥福を祈るばかりです)
そういえばPW通信の特集記事が酒田市の吊雛でした。見に行ったことがないので今年の春は見に行こうと思っています。

投稿: bluerose | 2012年1月11日 (水) 16:43

snowyさんへ
ご心配お掛けしました。
足元が覚束ないので無理はありませんね。
杖を使うのも嫌がっていて、いざ支えが必要になってからでは
遅い事も気づかされました。
リハビリも嫌がらず頑張っているようで、立てるようになったそうです。
はたして歩くまでよくなるか???疑問です。
痛みがない事が何よりです。

山形のお姉さまは飛行機を使われるんですね。
雪対策、冬は覚悟が必要ですね。
こちらは何度も足を運ぶので安価な交通手段を選んでいます。
前回はレンタカーで市内を走り回りました。

お姉さまもご苦労されてお母様のお顔を見に行かれるんですね。
一目見るだけでも安堵される事と思います。

投稿: komomo | 2012年1月11日 (水) 19:10

 blueroseさんへ
今年もどうぞ宜しくお願いします。
同じ県内でも気候は違うんですね。
酒田は海沿いなので雪はあまり積もりませんが、
風が強いようです。
酒田~秋田間が強風で不通となることが多いようです。
その時も象潟辺りで列車が立ち往生してしまったそうです。
小さなお子さん連れの方はほんと大変そうでした。

吊雛ですか。有名なんですね。
嫁いだとはいえ住んだ事がないので土地の事がわかりません。
義父母は郷里なので酒田を離れたくないようです。
こちらへ来ることも考えましたが、やはり無理でした。
方言、景色、食べ物、、水や空気を恋しく想うのですね。

春、私も見る機会があったら是非足を運んでみようと思います。
もしかしてblueroseさんにもお会い出来る??? なんてね(笑)

投稿: komomo | 2012年1月11日 (水) 19:25

komomoさん大変でしたね。
遠方ですと、駆けつけるのも難儀ですね。
うちも、義母が数年前に転んだ拍子に大腿骨を骨折して、
骨頭を金属に交換する手術をしました。
痴呆もあるので、リハビリも大変でした。
介護は、長丁場です。体力気力を奪いますから、
くれぐれもご無理なさいませんように。

投稿: はっぷ | 2012年1月11日 (水) 22:52

はっぷさんへ
はっぷさんの義母様も大腿骨を骨折したんですね。
一番多い症例のようですね。
もう回復されましたか?

毎日お世話している訳ではないのでいざ介助しようと
すると力の入れ加減等なかなか難しいものですね。
介護士さんには頭が上がりません。

長丁場、ほんとそうですね。
東京で一人暮らしの叔母もいて、全て抱え込むと大変
なので介護保険を利用するようにしています。
時には冷たく思われるかもしれませんが、
想いだけは十分あるということで・・・
無理せず頑張ります。
はっぷさんもお世話大変でしょうが、頑張ってくださいね。

投稿: komomo | 2012年1月12日 (木) 17:32

この記事へのコメントは終了しました。

« 新年のご挨拶 | トップページ | 鏡開き »